花模様(ざらざら質感)



陶器の質感を生かした表情を持ち、外側には釉薬を掛けず、焼締めで仕上げています。
お花の模様部分は、模様輪郭部分を彫刻し、ぬりえの要領でその内側を色化粧土を塗り重ねて彩色して、立体感をだす技法で作っています。
29